歯医者で歯列矯正をすれば歯並びが劇的に変わる

色々な歯の矯正法

歯科矯正

状態に合わせた方法で矯正

歯列矯正では、歯の状態を歯科医師が見て方法が決定されます。歯並びや噛み合わせなどは、歯列矯正の方法を決めるに当たっての重要なポイントです。歯列矯正を受ける方に特に多いケースが、歯並びの乱れです。歯の位置のバランスが悪いと、見た目に影響するだけでなく、隙間などに汚れや溜まりやすくなり衛生的な問題も発生します。歯並びのバランスを整える時に選択されているのが、ワイヤーによる歯列矯正です。この方法は、以前から試みられている一番オーソドックスな歯列矯正の方法と言えます。歯の表面や裏側に装置を取り付け、ワイヤーを通して歯を理想的な位置に移動させるのが、1つの特徴です。抜歯が必要になるのが、歯の本数に問題がある場合です。上顎と下顎の歯の数が異なると、一部分だけ歯が前や横にせり出すといった問題が生じてきます。永久歯でこのような問題が発生すると、顔立ちにも大きく影響します。抜歯によって歯の数をそろえて、ワイヤーや歯にかぶせるタイプの器具で位置を調整するのが、このような場合のアプローチです。抜歯をすることで歯と歯の間に隙間が出来、正しい位置に歯を誘導させることが出来ます。ワイヤーを使用しない歯列矯正は、昨今特に人気が高いです。このような歯列矯正は、歯茎へのダメージが少なく抑えられます。器具による傷などが防げるため、歯列矯正を始めた当初の痛みや違和感が少なくなるのが、ワイヤーを使わないやり方です。部分的な矯正の場合は、抜歯などの前準備が不要なケースもあり、負担は大分軽くなります。